2011年10月05日

デビルサバイバー2 プレイ日記11

ついに最終日を迎え、ポラリスとの謁見に臨む8日目。
はたして人類に生き残るすべはあるのか?
デビルサバイバー2(特典なし) / アトラス
開始レベル:59

最後の日曜日 八日目
仲間との別離、再共闘を踏まえてついにポラリスに「世界のやり直し」を願うこととなりました。しかしそのポラリスに会う方法は未だに分かっておらず。
セプテントリオンを全て倒した時に道が開けると憂う者は言っていましたが、さて。真相を聞こうと憂う者を探して今日も街へとくりだします。

・残された試練
ということで街で憂う者を発見。かれにポラリスへの道を聞くとヒントこそ出してくれるものの、「まだ力が足りない」と言って配下の悪魔をけしかけてきます。そして現れたのは
なんとジャアクフロスト
前作でプレイヤーキャラクタだった彼がまさかの敵ボスとして登場。デビサバ2で一番のサプライズかもしれない。
主人公も「ジャア君!」と思いきりメタネタをぶちかまします。しかし「誰だ?」と一蹴されました。この邪悪フロストはまあ彼とは違うので。
なんかいろいろ驚いてテンションあがりましたが、それもここまで。他の悪魔ともども攻めてきました。
憂う者がここぞというまで手札に残していただけに無茶苦茶強かったです。もし一緒にいた悪魔がジャックフロストでなければやばかったかもしれません。
兎にも角にも彼を倒したことでジャアクフロストが合体解禁。是非とも仲魔にしたかったのですがどうやら遥かに高いレベルの為合体できませんでした。さすがジャア君。
ともあれ再びポラリスに出会う手段を見つける為に街に繰り出します。

・再び街へ
ストーリーの回収。だんだん東京も無に浸食されていて仲間達に焦りが見えはじめます。そんな中、憂う者のヒントからターミナルならポラリスの元に行けるのでは? という話に。
しかしターミナルを使っても力が足りないとのこと。どうしたらいいんだろうという所でミザールの時に出てきた龍脈の事を思い出します。そういえばミザールを倒した時に一つヒルズから落ちましたがまさか伏線だったとは……
というわけで一か八かで龍脈の力を回収に向かいます。

・意外な戦い
で、やってきました六本木ヒルズ前。そこにはちゃんと龍脈のかけらが落ちていました。それを回収しようと近づいたら同じように龍脈の力を手に入れようと近づいてきた悪魔たちと戦闘になります。
しかしそんなことよりも驚いたこと。主人公達と悪魔の戦いに反応して龍脈が目覚めてしまいます。図らずも龍脈と戦うことになりました。
この龍脈、とにかく攻撃範囲が広く一方的に攻めてきます。HPを吸収し、かつ攻撃中は対象となった味方もダメージを食らう「丸かじり」がいやらしすぎます。ジョーとかジョーとかジョーが何度も昇天しましたが、チーム全員が「物理反射」で固めた乙女チームの攻撃で粉砕。ようやく龍脈を鎮めることに成功しました。

・ついに開いたポラリスへの道
龍脈の力を手に入れようと近づきますが、あまりにも大きくてどうやって運ぼうという話に。そう言う話をしていたらいきなり小さくなりました。どうやら形なんてどうとでもなる模様です。それを持ってターミナルへ。仲間達の意思を再び確認し、主人公達はついにポラリスに謁見するために時空を跳びます。

・最後の刺客
ポラリスの元に跳んだ主人公達。そこに現れたのはなんと「憂う者」。彼は自分こそがセプテントリオンの一員であり宿星であるアルコルだと告白します。セプテントリオンは北斗七星。つまり彼は死兆星というわけですね。これは北斗の拳世代にはおなじみネタ。
ポラリスに会うには全てのセプテントリオンの撃破が条件。つまり自分を倒せと言って戦闘になります。人類を愛し、人類の為に生き残る術を与え、その人類を守るためには彼を倒さなければいけないという皮肉。
こっちもここに来るまでに合体素材悪魔(というかヘカーテ)のためにマッカを稼ぎ、強い仲魔を揃えました。
アルコルは強敵でしたが、主人公チームの攻撃の前にあえなく沈みます。
そしてアルコルは主人公に対する友情と、彼が人間を愛していた事を告げ消滅。
さあ、ついに全能ポラリスと謁見する時がやってきました。
posted by スナフキン at 00:17| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

鹿児島県 - 確実☆即決せフレ案内所
Excerpt: 登録からお相手検索、待ち合わせまで全てをこのサイトでチェック!
Weblog: 鹿児島県 - 確実☆即決せフレ案内所
Tracked: 2014-05-06 11:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。