2011年10月02日

ジャンプ42号感想

試験勉強に忙しくて、感想とか全然書けませんでした。
終わったので再開します。
試験の結果? もちろん秘密で。


ハンターハンター
こういう風に最後の時を二人で静かに暮らし、最後の一瞬で幸せを感じながら終わる展開は大好物だったりします。今回の話になんら非のうちようはありませんが、結局このシリーズの中盤当りの展開がまったくの邪魔だったりするんですよね^^;

ナルト
御三家は戦闘シーンは本当に面白いんですよね。敵が唐突に出てきた人間であまり注目するところが多くないのが難点ですが。
まあ知っている人間ばかりの戦闘も何なので。

ワンピース
やっぱりデッケンさんは生きていたか……。それはそれで麦わら一味がだんだん戦闘状態に入っていきます。個人的にウソップだけは弱いままでいて欲しいのですがどうなる事か。

黒子のバスケ
気がついたら前の方に来ていた。 
てか青峰ぱねえ!! 作品においてライバルがどうやったら勝てるんだという位強ければ、その作品は非常に面白くなるとのことですが、まさしくそういう展開。これどうやって回収するんだろう? 気になります。

鏡の国針栖川
冒頭の枠外にある「ある日不良が恋をした」。普通世間では不良の方が圧倒的に恋愛が早熟で、彼らは十代結婚がざらです。多分須田君は不器用なだけだと思うのですが、不思議とリア充とかいろいろな言葉が生まれているのに「不良」以外に当てはまる言葉がなかっただけかと考えられます。
いや、まあそれだけですが。
ところでこれが主人公が須田君ならフラグ立ちまくりです。一つ位主人公とヒロインのお互いの相手が変わる漫画もあっていいかなと思うのですが。

トリコ
お約束通りの展開になって来ました。
ところで世界中のどこにいても食材の声が聞こえると、すごく生きることがしんどいなあと個人的に思いました。

クロガネ
開けたら美少女が着替えをしていただ・と?
16年ぐらい剣道やっていましたが、そんなイベントに遭った事ねえよ……これが主人公補正というやつか(←多分関係なし)

銀魂
あー……
そういえば銀さんの正体新撰組に知られていなかったんですね。長期連載だから気にしていませんでした。そんなことより今更ヅラが「攘夷志士」の方が違和感ありまくりですが。
今回は全体的にシリアスだなあと思っていたら高杉が出てきたから何ですね。彼が出てくると一応真面目になるというお約束。

超能力者の奴
相変わらずのクオリティで安心しました。てかイケさんは第二ヒロインのポジションを奪いつつありますね^^
爆笑はないのですが、相変わらず後でクスリとくる渋い話です。

めだかボックス
初めてこの漫画が面白いと思いました。この調子でめだかが自分勝手に仲間をどんどん排除していっていつの間にか一人ぼっちに。そこを狙われた所仲間たちが集まり「俺たちはいつだって味方だ!」的な展開に期待。

バクマン
七峰君の頭の中身はともかく、展開的には共通の敵相手に盛り上がる展開。ところで少年漫画では「正義」と「悪」が対立する構図が多いですが、そうしないと同じ土俵上で仲間が協力し合うと一人を排他しているだけの話になっちゃうんですね。
所でジャンプの連載は二十作。エイジと福田組(福田 亜城木 平丸 蒼樹 高浜)に岩瀬。それに駿河君と白鳥君が帰ってきて東さんが加わるとそれで10.多分こち亀はやっているからほとんどを身内だけで固めているんですね。他の漫画家やりにくいなあ、この雑誌。

スケットダンス
今回はそろそろあると思ったウサミの話。
でもそんなことより最近の椿の不運ぶりは振蔵のへたれぶりと並んで泣けてきます。本当に何をしたっていうんだ?
とりあえずデージーちゃんとみもりんは一応仲はいいようですね。女子同士でのつるみがあまりないのでどうかと思いましたが安心しました。

べるぜばぶ
男鹿の方にラミアがついてくる意味がほとんどない気がする。これは古市パートは今回なくて、作者お気に入り(と思われる)ラミアを一杯出そうとした結果かなと勝手に推測しときます。

ぬらりひょんの孫
由良ちゃんすげえ! さすが陰陽師だぜ。そして鳥居さんは相変わらず良い子だ。
そこに助けに来たのはリクオ。
でも、でも。
鳥居さんを助けるのは黒の役目だと思いました。

いぬまるだし
どうしたんだ、最近の大石先生は! 今回も面白すぎます。
おやつをめぐって園児たちが知略を出し合う馬鹿っぷリとかありそうでなかった話。すげえな……これが漫画家が成長するということか。

こち亀
今回は普通に面白かった。こち亀でしかできないネタで、こち亀だからこそ面白い話と思いました。

マジコ
主人公の過去がわかるシリーズ=最終話という保健室の死神の悪夢が……
大丈夫ですよね? 本当に大丈夫ですよね?

スターズ
今回の話、本当に宇宙に行くのに関係があるのか?
そんな疑問を吹き飛ばす位面白かったです。一発ネタは何一つ面白くなかったのですが、あの宙地君が顔芸をやったという事実が今週面白くさせました。まさしくキャラの確立。
posted by スナフキン at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。