2011年09月22日

ジャンプ41号感想

エアコンを買いました。
そして届くころには暑さが和らいでいるという^^;
そして何より単車を車にぶつけて弁償額の交渉中。
今年ボーナスまでいきていけるだろうか?
そんな中でもジャンプはまだ読みます。


バクマン
別に学歴でどうこう言うわけじゃないんですが、七峰君ってなんか「中卒」って感じがします。
なんというかある程度のアイディアとそれを行うだけの財力と実力があるのですが、自分のきまぐれの行動がどう繋がるかとか、その結果他人がどうなるかとか気にしないというより頭が回っていない感じ。
この漫画もライバルが凶悪というよりドキュンな感じがなあ……
編集部の嶋鳥さんは毎回読者の心の突っ込みをだいべんしてくれる相変わらずの強キャラです。
個人的には初めてみる必死の形相の青樹先生にインパクトを受けました。
後は東さん。
普通の漫画だとここから立ち直るパターンなんですが、この漫画は一部のキャラ以外は成長がないから心配です。

ナルト
結構いいオチだと思います。最強の矛と盾の話。
これだけさくさく戦闘がすすんでいけば、多少キャラが多くても問題なく面白いと思います。
さて次はガアラのターン。
そういえば前回そういってから何週経っているでしょうか?

ワンピース
そうこれ! ワンピースはやっぱりジャンプ漫画らしい漫画だから仲間たちが敵の勢力と決闘。そして主人公のルフィがボスと戦うというのが一番らしい流れだと思います。この流れになるのに本当に時間がかかったなあ^^;
でもこの数週は日本の看板漫画らしくWKWKする展開だと思います。

スケットダンス
振蔵の扱いが悪すぎます。かつてはキャプテン、結城さんらと準レギュラーだったのになあ……。
忠誠キャラもキリに取られたし、どうもキャラクターが増えた弊害を一身に背負っている気がします。まあ他二人も最近あまり出番がないのですが。
チェリーはどうも浪漫とともに、本編には絡まないけどネタで絡み続けるキャラに定着しそうですね。

鏡の国の針栖川
あきらかに里見さんの行動に問題があると思います。てか主人公のライバルキャラとして須田君は弱い気が……。松川さんがライバルだったらインパクトもキャラクターも強かったのですが。
そう言えばこの漫画は叶先生特有の「主人公の特殊な事情をわかっている唯一の味方」が初めてヒロインと同一人物になったんですね。今更ですが。

べるぜバブ
男鹿の夢。
いつも思うのですが男鹿が変な夢を見るたびに古市が男鹿の断罪役を務めます。そんな男鹿の夢診断を知りたいなあと思いました。
個人的に気になったのは邦枝さんの超ミニスカ姿。普段のキャラ&HENTAIのコマちゃんが一緒にいる状況でこの格好は男鹿へのアピール以外にないと思うのですが。
てかラミアは男鹿についてきたのか^^; 絶対古市に付いていると思ったんですがやはりヒルダ>>>>古市みたいですね。

トリコ
多くの読者の予想通りココ登場です。先週の小松パートはとりあえずお預けのようで。
そういえば会長が子供のころに預かった四天王は全員化物に育ったんですね。物語の筋的に問題はないのですが、北斗の拳のジャギ様みたいに一人落ちこぼれが生まれるという展開も好きなのですが。

スターズ
ようやく宙地君にスポットが浴びせられました。でも彼はあくまで主人公の親友ポジだから第二候補も含めて主人公とかぶらないように配役されているようです。
主人公ではないですが、50キロウォーキングよりハードという、バレー部の地獄の夏合宿の内容がかなり気になります。

クロガネ
対決の馬鹿展開好きです。ちなみに有段者が竹刀で人を叩くと大けがします。頭ならかすっただけで血が噴き出し、鼻なら綺麗に骨折します。経験より。
とりあえず士道くんの片手を縛った姿は「六三四の剣」の某ライバルを思い出します。片手が使えなくなって二刀流に転向。そしてヒロインの心をかっさらった例の方。
この漫画、剣道経験者の僕としては期待しているのですが、なんだか十〜二十週打ち切り臭がするんですが……

こち亀
今回は結構面白かったです。欲望のままに作っていたら最終的に裏目になるという馬鹿展開。

いぬまるだし
大石先生……あんた格好いいよ。こんなチャレンジ精神にあふれたギャグ漫画を提供できる先生は偉大です。

銀魂
懐かしい展開。山崎のアンパンが大爆笑でした。
それにしても近藤さん……こういう時位格好いい所をみせて欲しいな。

ハンターハンター
強引にゴンが助かり、かつこのシリーズを終わらせる展開にしました。
この展開は否定しませんが、もう一度言います。富樫先生はポックルに謝るべきです。

黒子のバスケ
ライバルというのはどうやったら勝てるか分からない位凄いと話が引き立つそうです。
まさしくそういう展開。青峰ぱねえな……どうやって勝つんだ? これ。
この展開、勝っても負けてもこの試合をどう収めるかで今後のこの漫画のポジションが決まるのでは? という位大事だと個人的に思います。

ぬらりひょんの孫
ついに作中キャラが清嗣君のカッコよさに気付きました。そうです! これこそが清嗣君なんです。
ところで「若い女の服を剥いで並べておく」ってまさか少年誌でこんな表現を聞けるとは思わなかった。これちょっと作画を替えただけで大変な事になる台詞です。

マジコ
この試験でついにエマがシオンの過去を知って彼の事を思い出すんですね!
てかこれは保健室の死神と同じ最終回展開! えーと終わるの? 僕が個人的に気になっている作品は全部終わるの?
posted by スナフキン at 23:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ハンドマッサージ - 大阪十三のメンズエステ求人募集
Excerpt: 『脱がない』『舐めない』『触られない』当店は男性のお客様を癒すお仕事で、アロマオイルを使って全身のマッサージを行なうお仕事です。20歳〜35歳位迄、未経験の方大歓迎!ハンドマッサージのエステでも真面目..
Weblog: ハンドマッサージ - 大阪十三のメンズエステ求人募集
Tracked: 2014-07-14 03:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。